咬み合わせが乱れているのかもしれません・・・

  • 口を開けたり閉めたりするとカクカク音がする
  • 奥歯で食べ物がよく咬めない
  • 詰め物や被せ物を新しくしてから咬み合わせがしっくりこない

このような咬み合わせの問題をそのまま放っておくと、咀嚼(そしゃく)や発音、また全身にも悪影響を及ぼす可能性があります。

咬み合わせと体の関係とは?

咬み合わせが乱れると、無意識のうちに体がバランスを整えようとして筋肉に負担がかかるため、さまざまな部分に影響が出ると考えられています。原因不明の肩こりや頭痛、腰痛、めまいなどの症状にお悩みの方は、咬み合わせの乱れからくるものかもしれません。痛みや違和感など気になる症状が少しでもありましたら、お気軽に当院までご相談ください。

顎関節症とは

こわばってしまって口が大きく開けられない、口を開閉するとカクカクと音がするなどの慢性的な症状が特徴の顎関節症は、不正な咬み合わせや睡眠中の咬みしめなど、生活習慣と深いかかわりがあるといわれています。そのまま放置すると咀嚼が困難になるのはもちろん、めまいやストレスなど日常生活にも影響を及ぼす心配があります。

対処法

スプリント療法

スプリント療法

眠っている間、無意識のうちに生じる顎の余計な緊張が、顎と歯に負担をかけてしまいます。スプリント療法では、就寝中にマウスピース型の装置を装着していただくことで口腔周辺の緊張をほぐし、安静な状態を維持しながら上顎と下顎の咬み合わせを正しく整え、歯・顎・全身の症状改善を目指します。

矯正治療

矯正治療

咬み合わせを調整するために矯正治療で歯並びを改善する必要がある場合には、矯正専門医をご紹介させていただきます。

補綴治療による調整

補綴治療による調整

現在ご使用中の詰め物や被せ物が患者様の咬み合わせに合ってない場合は、補綴治療で調整することで症状を改善します。

歯ぎしりとは

寝ているときにギリギリ、ギシギシと歯で音を立てる行為を歯ぎしりといいます。歯並びや咬み合わせを乱すお口の悪い癖の一つです。歯ぎしりには3種類あります。

1.グラインディング

上下の歯を強く擦り合わせて、ギシギシと音を立てる状態です。一般的に「歯ぎしり」と呼ばれているのはこのタイプがほとんど。異常な不可が歯にかかるので、咬み合わせ不良を起こしやすいとされています。

2.クレンチング

上下の歯を静的に強く咬み合わせる行為で、分かりやすくいうと歯をぐっとかみしめたり、くいしばったりすることです。歯周病や顎関節症の原因としても知られます。よくあるタイプなのですが、音が出ないので本人も周りの人も気がつかないことが多く、発見が遅れ治りにくいことがあります。

3.タッピング

上下の歯をカチカチと音を立てて咬み合わせる行為のことです。歯ぎしりの中では少ないタイプといわれています。

対処法

ナイトガード

歯ぎしりを治す方法に、「ナイトガード(ソフトタイプ)」を使用した方法があります(※)。ナイトガードとは、就寝中に装着するマウスピース型の装置で、歯周組織に加わる力を軽減します。健康保険が適用しますので、安心してご検討ください。
※完全に治すことは難しく、症状の緩和・予防につなげます。

歯科・小児歯科・口腔外科 佐々木歯科クリニック

東浦和駅から徒歩2分

土日診療で通院に便利

住所
埼玉県さいたま市緑区東浦和1-15-10
ビブレ東浦和1F
電話番号
048-816-5118

詳しい医院情報はこちらから

診療時間

35.8626573, 139.7062267

佐々木歯科クリニック
埼玉県さいたま市緑区東浦和1-15-10
ビブレ東浦和1F

35.8626573, 139.7062267